賃貸住宅で使う鍵は、紛失すると家を借りている住人負担で付け替えなくてはならないので、注意が必要です。

引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に
Back Number
引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に

賃貸住宅の鍵は紛失しないようしっかり管理

賃貸住宅の鍵は、無くさないようにしっかり管理した方が良いです。もし無くした場合、大抵は家を借りている住人が負担して、鍵を付け替えなくてはなりません。私が以前住んでいたワンルームマンションの契約書にも、その点はしっかり明記してありました。実際の契約書にある賃借人の負担内容として、鍵の紛失による取り替え、修理がありました。このマンションは二重ロック式なので、一つのドアに二つ鍵を使って開けます。そのため二つの鍵でワンセットでした。スペアキーはなくこれ一つなので、紛失しないよういつも鞄の内ポッケットに入れていました。この時は幸いにも退去の日、無事に鍵を返却できました。

しかし過去に一度、スペアキーを無くしたことがあります。別の場所にあった賃貸アパートにいた時のことです。この時はスペアキーをもらったので、近所にいる親戚に預けておきました。しかし親戚の家で、うっかりスペアキーを無くしてしまったのです。結果として防犯のため、ドアの鍵そのものを付け替えることになりました。こちらも契約書に明記されていた通り、貸借人である私が費用を負担しました。難しい構造の鍵ではありませんが、一万円以上はかかりました。鍵の管理は、結構重要です。スペアキーも、自分で管理するにしても人に預けるにしても、紛失しないよう注意が必要です。

PICK UP!

おすすめリンク

Copyright (C)2017引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に.All rights reserved.