賃貸物件を探す時に新しい物件でなければ嫌だと築年数にこだわる人もいますが、他の条件も重要です。

引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に
Back Number
引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に

気になる賃貸物件の築年数

賃貸物件を探す時に、譲れないポイントは人それぞれ違うことでしょう。中には新築または5年以内に建設された物件でなければ嫌だとか、建物の築年数にこだわる人もいます。
新しい物件以外には住みたくないという人は、建物の綺麗さはもちろんのこと建築基準法を念頭においているのでしょう。耐震性等、安全性などの住環境についても譲れない基準があるのだと思います。
新しい物件はその分家賃が高くなります。
それは狭い物件でも、それなりの金額を請求されるということです。
それでもやはり新しい建物は住んでいて気持ちの良いのでしょう。

逆に古い物件を探す人もいます。
築年数のわりに綺麗な建物は管理が行き届いているという事です。
そして部屋が多かったり広かったりする割に家賃が安くてすみます。
中には値段よりも昭和の建物に住みたいなど、自分の趣味趣向を満足させるために古い建物にあえて住む人だっているでしょう。
しかし築年数は数字だけにこだわるより、実際に個々の物件を見て住みたいか判断した方が良さそうです。
それに築年数より立地や最寄りの交通機関、買い物などの利便性、日当たりなどの住環境、家賃など他の条件を重視する場合が多く、築年数はその後にくるのでしょう。

PICK UP!

おすすめリンク

Copyright (C)2017引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に.All rights reserved.