賃貸物件を選ぶときにおいて、築年数が短いものを選びます。短すぎる時に、家賃が高くなることがあります。

引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に
Back Number
引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に

賃貸物件では築年数が短いものを選ぶ

中古物件を探すときに、できるだけきれいな物件を選ぶようにすると思います。
汚いところよりもきれいなところのほうが良いに決まっています。
その時、見た目を見ることになりますが、見た目だけではわからないことがあります。
実際に、どれくらい使われているかも大事になります。
見た目は非常にきれいだけども、実際の年数はかなり経っていることがあります。
逆に見た目はいまいちだけども、実際の年数はあまり経っていないこともあるのです。

賃貸物件の場合、購入するわけではありません。ですから、気に入らなければすぐに出ればよいのです。

でも、初期費用がかかります。
そうなると、一度入居すれば、すぐに退居するとかなり損になることがあります。
最低1年から2年ぐらいは住まないと十分元が取れないことになります。
入居時にしっかりと見極める必要があるのです。
その時にどの部分を見ればよいかにおいて、築年数がひとつの基準になりそうです。
それが短い物件を探します。


いわゆる築浅物件といわれるものです。
ただし、あまり新しすぎる場合、それが家賃に反映されることがあります。
高めになるのです。
新しいけれども、家賃も手頃な状態のものを選びます。
地区5年ぐらい経っていればよいでしょう。

PICK UP!

おすすめリンク

Copyright (C)2017引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に.All rights reserved.