賃貸の南向きは日当たりがいいけど、自分と周囲の状況をよく考えてから契約しないとならないということ

引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に
Back Number
引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に

賃貸の南向きを契約するときには周囲をよく観察してから

一般の購入型の住宅にしても賃貸の住宅にしても建物の向きを気にする人はたくさんいます。
そして東西南北の中で人気があるのは南向きだとされています。
なぜ南向きがいいのかとされると、それは日当たりの問題だからです。
日当たりがいいとそれだけ明るい時間帯が増えて起床時間を自然と早めたりできるほか、洗濯物が乾きやすいなど健康問題に貢献できるからです。
対して他の向きの部屋、特に北向きの部屋はあまり人気がないとされています。
それは南向きに比べて日当たりが悪いのが最大の原因だからです。
特に真冬はこの傾向が強くなります。


それゆえに一般に人気のある南向きの賃貸住宅ですが、しかし契約するときには無条件に南がいいといって契約をしてはなりません。なぜかというと確かに一般的に日当たりは北向きよりも南向きのほうがいいです。

しかしその賃貸の建物はすべて同じ立地環境や建物の構造であるとは限りません。建物によったら南よりも他の向きのほうが住みやすいということもあり得るからです。
たとえば真夏は太陽の影響を受けやすいので暑くなりすぎて不快な生活になります。
また南向きの目の前に騒音の大きく人どおりの激しい商業や工業施設があったりなどすると、その影響を受けやすくなります。
だから賃貸を契約するときには周囲の環境をよく観察してから契約しないとならないのです。

PICK UP!

Copyright (C)2017引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に.All rights reserved.