賃貸を借りる時には傷が最初からなのか後からなのかもめるよりも敷金が戻ってこないつもりで借りる方が楽

引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に
Back Number
引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に

賃貸の傷は初めからか後からか判断は出来ない

賃貸を借りる時に一応中を見たりして借りているとは思いますがそれでも古かったりすると色んなところが壊れていたり傷があったりすると思うんです。

でもそこを出る時には一応元通りにして出なくてはいけないという決まりがあるんですがどこまでの傷を直すんでしょう。入る時に見逃したものもあるかもしれませんがその判断するのは大家さんなんでしょうか。

でも入る以前からついていたものなのか入った後に出来たものなのかを正確には判断できないんじゃないかと思うんです。
そうなったらやはり借りてるほうが不利なんじゃないかと思います。
明らかに入った後につけたものなら当然直すべきとは思うんです。

でもそうじゃないものまで直さないといけないかもしれないとなると借りる時に考えてしまいます。
それが新しい部屋でもそれはそれで傷をつけないように気をつけながら暮らすわけだからそれはそれで気を使ってしまうと思うんです。
どちらがいいかという結論は出ないとは思いますがそれでも敷金が戻ってこないだけならそれは仕方がない事なのかなとも思います。
改めて修理費を求められるとさすがに困惑するとは思いますがそうじゃないなら初めから戻ってこないつもりで借りる方がいいんじゃないかと思います。

PICK UP!

Copyright (C)2017引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に.All rights reserved.