賃貸物件の退去時によく大家と借り手の間でトラブルに発展するのが傷や汚れなどの原状回復です。

引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に
Back Number
引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に

賃貸物件でトラブルの元になる傷や汚れ

賃貸物件に住んでいて退去する際に問題となり家主との間でトラブルに発展しがちなのが原状回復と敷金の返還です。
原状回復は部屋の汚れを清掃したり傷などの補修に必要な費用を大家と借り手のどちらが負担するかでトラブルになります。
また清掃費や修繕費を敷金から差し引かれることもあり、それもトラブルに発展します。
こういった問題を解決するために国土交通省が作成した「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」があります。
「普通に暮らして生じる汚れや傷」「建物が古くなってできた傷み」「壁のクロスや畳の日焼けによる変色」などは大家が負担、「不注意でできた傷の補修や落書き消去の費用」などは借り手の負担になります。
この指針に法的拘束力はありませんが、判断の参考にはなります。


こういったトラブルを回避するために、事前に対策をたてておきましょう。まずは入居時にすでにあった汚れや傷は写真に残しておきます。
そして大家や管理会社に報告しておきましょう。契約書は事前に良く読んでどんな責任が生じるかを把握した上で、納得してサインしましょう。そしてつい自分の家のように思いがちですが、人の家を借りているのだという意識を忘れないように暮らすことです。
丁寧に暮らせば家の傷みも少なくてすみます。
小さな傷程度なら自分で補修することもできるでしょう。それでもトラブルになってしまった場合には、自治体の消費生活センターや司法書士などが相談にのってくれます。

PICK UP!

Copyright (C)2017引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に.All rights reserved.