賃貸物件を借りるときには、入居の際に傷や汚れがないかを事前にチェックしておくことが大切です。

引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に
Back Number
引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に

賃貸に入居する際は、傷や汚れのチェックをすること

賃貸の物件を探すときによく見かける言葉として、「敷金」というものがあります。
主な考え方としては、入居者が今まで住んでいた家を退去する際、室内などに傷をつけていたり、汚していたりして修繕が必要になった場合に、その費用として支払うものです。
通常、毎日のように自宅に帰り、普通に過ごして生活をしていれば、自然と室内には傷がついたり、汚れてしまったりするものです。
そういった傷や汚れは基本的には家主が費用を負担するものですが、通常の生活をしていてもつくはずのない入居者の故意による傷等があった場合は、敷金から支払われることがあります。
できるなら、退去する際には、入居時に支払った敷金はなるべく戻ってきて欲しいものです。

この敷金については、かなりトラブルが多かったりします。
どこまでが通常の範囲内なのかなどは難しい判断だったりしますし、更には、入居する前からすでについていた傷や汚れだったという場合もあります。
自分のせいではないのに、自分のせいにされて修繕費用を取られるなんていうのはもってのほかです。
なので、そんなことがないように、まず入居した際に傷などがないかをチェックして、もしあった場合には事前に家主に話しておくか、日付入りの写真を撮っておくことをオススメします。

PICK UP!

Copyright (C)2017引越しの秘訣 家電の買い替えは最小限に.All rights reserved.